タイ・チェンマイ、1か月過ごした宿を紹介☆女一人でチェンマイ

こんにちは、ごーやです。

今回は、私がタイ・チェンマイで1か月ほど滞在した宿を紹介します♪

いつもタイに行くときは2泊や3泊などの短い期間ばかりだったので、ホテルやゲストハウスが多かったですが、今回初めてのマンスリー(*‘∀‘)

どんな風に探して、どんな宿に滞在したのか、今後チェンマイに長期滞在する人の参考になれば幸いです。

チェンマイでの宿の探し方

チェンマイには1か月滞在する予定だったので(仕事も学校も行かずの、なにもしない本当にただの滞在)1か月滞在できる宿泊先歩いて探しました。

チェンマイに行く前にネットで調べたところ、サンティタム地区が長期滞在には住みやすいとのことで、そのあたりを中心に探しました。

サンティタム地区はこの赤丸あたり。

旧市街の左上あたりです。

サンティタムのほかに、旧市街やニマン(カフェが多いエリア)あたりも人気だそうです。

日本にいるときにチェンマイの宿を探しても、ネットにはあがっていないことが多かったですが、

現地で探したほうが圧倒的に見つけやすかったです。(歩き回るので体力勝負にはなりますが)

私がチェンマイで宿を探した方法はこんな感じ。

チェンマイでの宿の探し方

①街中を歩く
②宿を見つけたら、受付に借りたい旨伝えて部屋を確認
③1か月の宿代などを確認
④部屋を借りる

です。シンプル!

借りるのもめちゃ簡単でした。デポジット&パスポートのみ!

マンスリーで借りれるかどうかは、宿の前や近くにroomrentという文字を頼りにすると見つけやすいです♪

”roomrent”と書かれていないホテルやマンションでも「マンスリーマンションありますか?」と聞いてみたら、貸し出しているところも多かったです。

日本とは全く違った探し方ですが、現地での探し方はとても簡単で宿もたくさんありました!

また、歩く前にグーグルマップで「condominium」や「apartment」と検索してある程度絞って歩くこともしていました。

タイの方専用のコンドミニアムも多く、何度か間違って訪問しました( ゚Д゚)

日本で探してから来るより、チェンマイで探した方が数も多いですし、日本で情報を探すより簡単です(*‘∀‘)

最初の数日は事前に決めていた宿に泊まり、そこに泊っている間に長期の宿探しをしました。

1日に3件~5件回り、様々な宿を見ました。いやぁ~夕方になると疲弊…( ゚Д゚)

私が行っていた季節が雨季でオフシーズンだったので、安くしてくれるところもありました。

半年以上など借りる期間が長ければ長いほど、安くなる可能性があります(*‘∀‘)

ネットだけでも見つかるかもしれませんが、場所や実際の部屋の雰囲気がわからないため、私は断然現地で探すことをお勧めします♪

やはり写真と実物は違いますからね( ゚Д゚)

また、歩いて探すと周りの雰囲気も確認できるのでおすすめです♪

↓見せてもらった宿たちの写真

9000バーツ/月(ジムプールなし)
10000バーツ(ジムありプールなし)
5000バーツ(ジムプールなし)
6000バーツ(ジムプールなし)
金額忘れた…6000バーツくらい?(ジムプールなし)

ほかの方の記事を見ていると、ジム・プール付きで格安という宿があるようなのですが…私は見つけられませんでした…

ジム・プールはあっても13000バーツとかで高かったな~

今回サンティタム中心で探したので、ほかのエリアだとあったのかもしれません。

ただ、雨季のシーズンの時は寒いためプールは必要ないと思いました( ゚Д゚)

1か月過ごした宿

チェンマイを歩き回って決めた宿はこちら♪

チェンマイPプレイス

サンティタムに位置する宿です。

・5500バーツ/月(+電気代・水道代)
・デポジット3000バーツ
・ベランダあり
・プール&ジムなし
・週1回そうじあり
・家族経営
・洗濯機1台あり(20バーツ/回)←2時間くらいかかる笑
・大通りから離れているので比較的静か
・コーヒーやバナナ無料
・ポット&冷蔵庫あり
・シャワー水圧弱め

家族経営で、息子さん(30代くらい)&お父さん(60代くらい)が交代で受付におり、わからないことなどはすぐに聞けました。

Grabの使い方も教えてもらって、初めて使いました!便利~

異国の地でわからないことを聞けることは、心強い(*´▽`*)

泊っていたお部屋はこんな感じ♪

ベランダがあるので(1枚目写真:奥の扉)洗濯物をしたあとに干せるのがいいです。毎回乾燥機を使うのは、地味にお金がいたい…

週1回のそうじのときに、タオル・水・トイレットペーパーをきれい&補充してくれます♪

部屋はもちろん、共有部分もきれいにそうじされていたようでいつも清潔でした(*‘∀‘)

この宿の周りは夜になると屋台も多く出て、昼でも食べる場所がたくさんあったので食事場所は困りませんでした。

また、ちょっとソンテウに乗りたいなと思ったときは大通りっぽい道路(みどり線)に簡単に出ることができ、ソンテウで帰って来る時も”ワットサンティタム”(青丸)というとすぐに伝わったので近くまで変えることができました(*‘∀‘)

この『ソンテウの人がすぐわかる場所』は帰ってくるときに重要です。(個人的意見)宿にどれほど近い場所で降りれるか、にかかってくるので。

大通りに面していない宿だったので、夜は比較的静かに過ごせました。

ここに来る前に泊っていた宿は大通りに面していたため、ずーとうるさく、夜その音で起きるなんてこともありました。なので、宿の位置はけっこう重要かも(*ノωノ)

タイの主要都市は、車&バイクがほんっとうに多いです(><)

宿を出るとき、電気代&水道代がデポジットから引かれて、その差額が戻ってきます。

ほかのブログを読んでいるとけっこうな金額を取られたと書いている方もいて、いくらかかるのか正直不安でした。(デポジットで足りるのかな…どきどき…( ゚Д゚)と)

しかし、きちんと1桁まで計算してくれ、差額分がきっちり戻ってきました(*‘∀‘)信頼&安心感!

送り出してくれる時、頭を下げて(タイで初めての経験!)見送ってくれました…感動( ;∀;)

宿の人たち親切で、居心地・立地が良く、おすすめの宿です(*ノωノ)

長期滞在される方は、一度何泊か泊ってみてから長期滞在するか決めてもいいかもしれません♪

でも住めば都で、拒否反応が強くないところであれば、徐々に過ごしやすいようになっていくと思います。

私自身、チェンマイに行く前は

・どうやってチェンマイの宿を探していけばいいのか
・どんな宿なのか

といった不安があったため、私自身の経験がみなさんの参考になればうれしいです♪

スポンサーリンク
旅・語学
スポンサーリンク
goyaをフォローする
ごーやの日々
タイトルとURLをコピーしました