通勤時間は長いより絶対短いほうが良い!メリットだらけの理由

こんにちは、ごーやです。

私は現在原付バイクで職場に通っていますが、前職は電車通勤していました。

現在の職場は、原付バイクで往復40分ほど。

前の職場は、電車で往復1時間半ほど。

(どちらもドアtoドア)

前職に比べて通勤時間が短くなっていますが、短いほうが圧倒的に楽だと感じています!
そのメリットを紹介します。

通勤時間が短いことのメリット

短いことのメリット①ストレスが減る

朝の満員電車は

✔満員で座れないこと前提
✔自分のスペースを無理に確保
✔つり革を持てないときは踏ん張ってバランスを保つ
✔他人と蜜になる
✔降りる人のじゃまにならないようにする
✔自分が降りるときの通り道の確保

などなど満員電車というだけで、この小さい判断を常にしなければいけなく朝から疲れます。
通勤時間が長い分、この状況が続きます。

満員電車でもみくちゃに押されることほどいやなことはないでしょう…。
それだけでも朝からだいぶ疲れます。

荷物が多いとなおさら大変。
(人込みで、たまに荷物が自分の体から離れるんですよねぇ…)

通勤時間が短いとその時間が短くなり、ストレスが少なくなります。

また、通勤時間が短いと満員電車の時間帯とずれて乗車できるかもしれません。
例:9時出社なら8時半発で間に合うとか

通勤時、人がきつきつに乗っていないだけでうれしい♪

通勤時間が長いことはストレスとも比例します。

短いことのメリット②自由な時間が増える

これはいわずもがなです。
通勤時間が短くなる分、自由な時間が増えます。

私の場合、往復1時間半から40分になったことで、1日50分の時間ができました。
1か月22日として、22日×50分=1100分(約18時間30分)

睡眠時間を除くとほぼ丸1日…
ちりも積もれば…ですね。

1日50分、されど50分。
この50分で食事を作ることもできるし、50分多く寝ることもできます。

時間はないよりあったほうが絶対良い!

短いことのメリット③荷物の重さ

私は仕事のとき主にトートバックを使用しているのですが、書類や本などが入っているかばんは肩にかけると重いのです…!

通勤中ずっと持っていることになるので、本当に肩こりが半端ないです。
通勤時間が短い分、重い時間が減ります。
重い荷物は本当に体に負担です。

短いことのメリット④無駄遣いが減る

通勤時間が長いといろいろなお店があるので、誘惑が多い!
定期券もあったので、よく途中下車していました。

ちょっとカフェに寄ったり、ぷら~っとデパートやショッピングビルに寄ったりして、気になったものをついつい買ったりしていました。

通勤時間が短いと距離が短くなる分、お店も少なく無駄遣いする場所が減ります。
今はコンビニはたまに寄りますが、服や本をふらっと買うことはなくなりました。

短いことのメリット⑤においの悩みが減る

電車はいろいろな人が乗っている分、いろいろなにおいが混在しています。

香水のにおいがきつかったり、体臭がしたり、口臭が気になったりとにおいに悩まされることがありました。

特に夏は汗も合わさってカオス…

通勤時間が長いといやなにおいに遭遇する確率が増えますが、短いといやなにおいの遭遇率も減ります。

遭遇したとしても、長い時間我慢するよりは短いほうが断然いいです!

短いことのメリット⑥疲れが減る

旅行などで体感している人も多いですが、移動が長いだけで単純に疲れます

また、満員電車で無理に体をねじ込んだり、人込みの中ぶつからないように気をつかったり、降りる駅を気にしたりと、通勤時間の中だけでも気にかけていることがたくさんあります。

座ることができたとしても移動があって、人混みを避けて…となると小さな疲れが蓄積されます。

通勤時間が短い分、気疲れや体力を使う時間が減ります。

短いことのメリット⑦すぐ家に帰ることができる

残業でくたくたになったとき、通勤時間が長いとさらに疲れが増します。

遅くまで働いて、それなのに帰りも時間がかかる…
ストレスしかありません。

こんなとき早く家に帰ることができると、心身ともに負担が少し軽くなります。
その分早く寝ることもできます。

通勤時間が短いことのデメリット

ではデメリットはあるのでしょうか。

短いことのデメリット①本やネットをする時間が減る

通勤中は本を読んだりネットをすることができていましたが、短いとすぐに着いてしまうのでできる時間が減ります。

しかし、家にいるときや休日電車に乗るときに読んでいるので特に困りません。

電車に乗っている間は、人の動きを常に気にしなければならずなかなか集中できません。
家の方が何倍も集中できます。

短いことのデメリット②歩くことが少なくなる

通勤時間が長い分おのずと歩くことが多くなり、通勤時間が短くなる分歩くことが少なくなります。

普段歩かない分、強制的に歩けていたことは良かったです。

今は、歩ける距離は歩くようにしています。

短いことのデメリット③休日に職場の人と会わないか不安

通勤時間が短いということは職場からも近いということ。
私の職場は半分ほどが職場から片道30分以内のところに住んでいます。

住んでいる場所が違うため会うことはないと思うのですが、休日で電車に乗るときは少し警戒してしまいます。

やはり休日は職場の人に会いたくないですからね。

でもやっぱり通勤時間は短いほうが良い!

デメリットもありますが、通勤時間は短いほうが断然良いです。

時間ができるし、疲れやストレスも少ないし、デメリットよりもメリットのほうが大きいです。

長い通勤時間にメリットを感じません。

私の場合は原付ですが、通勤時間が短いと、歩きや自転車通勤も視野に入れることができます。

電車だと時間を気にしたり遅延になったときに困るので、こういう選択肢の幅が広がるのはいいですね♪

通勤時間が短くなる分、プライベートな時間で勉強したり睡眠の時間にあてたりできます。
すぐ家に帰ることができるって、いいですよー♪







スポンサーリンク
仕事
スポンサーリンク
goyaをフォローする
ごーやの日々
タイトルとURLをコピーしました