女一人、タイ・ゴールデントライアングルへ。行きは40バーツ、帰りは1000バーツになってしまった(TT)

こんにちは、ごーやです。

チェンライ滞在中、チェンライの街からゴールデントライアングルに行けるということを知り、行ってみることに(´ω`)

みなさん『ゴールデントライアングル』を聞いたことはありますか?

ゴールデントライアングルとは、

タイとラオスの間を流れるメコン川と、タイとミャンマーの間を流れるルアック川が合流し、3国が国境を接する黄金の三角地帯「ゴールデン・トライアングル」。

ゴールデン・トライアングル | 【公式】タイ国政府観光庁 (thailandtravel.or.jp)

3つの国の川が合流している地帯!

地図で見ると、3つの国の国境の近くですね。

日本では見れない、これはもう行ってみるしかありません!

行き方&ちょっとしたハプニングをご紹介します(´ρ`)

※2022年9月の情報です

ゴールデントライアングルの行き方

前日にチェンライのインフォメーション(inバスターミナル)で行き方を聞きました(*‘∀‘)

(路線バスで)チェンライ→チェンセン→(ソンテウで)ゴールデントライアングル

※下記に書きますが、ソンテウが高かったので乗りませんでした

直行ではなく、チェンセンで乗り換えるんですね。

路線バスはバスターミナル1から出ています。

このバスターミナルはチェンマイから来たときのバスターミナル。

10番乗り場です。

時刻表がなかったので、何時発があるかわかりませんでした。インフォメーションで聞いてもわかりませんでした。

なので、当日は朝早めにバスターミナルへ行きました。(8時半)

まずはチェンセンへ出発

8:30にチェンライのバスターミナルに着くと、すでにバスは来てて6割ほど乗っていました。

乗り込む前に「チェンセン?」と聞いてから乗ります。安心♪

8:35、出発。扉は開けっ放し。いいですね~海外ですね~

走行途中に料金の回収があります。どこに行くか聞かれてから料金を支払います。40バーツ。

バスは立つほどではないくらいの込み具合で走っていきます。

音楽を聴きながら車窓を眺めます…この時間、めちゃ好きなんです。目的地につかなければいいな~ずっと乗ってたいな~と思うほど(´ω`)

途中、検問?かな。警官が乗り込んできて、住民カードのチェックがありました。

パスポート持ってきててよかったぁぁl!!パスポートを見たあとはすぐに返却してくれました。

※海外ではどこか行くとき、必ずパスポートを持参しましょう。

チェンセン到着

10時半にチェンセンに到着しました。チェンライからは約2時間ほどですね。

どうやらここが路線バスの最終地らしく、みんな降りていきました。

このあとは、ソンテウがあるとの情報があったので、降りた場所の逆方向を進みます。

青いソンテウらしい。

発見!!フロントガラスにゴールデントライアングルと書いています。

値段を聞くと…200バーツ!!た、高い…!ソンテウはあきらめます。(※コロナで人がいなく高いと思われます。また人が増えたら変わると思います)

レンタバイクがどこかにあるはずと思い、道行く人や店の人に聞いていきます。

5人くらいに聞いてもはっきりした場所わからず…示された方向へ進むもなく…しかし6人目(と思われる)でついにレンタバイクを置いているお店を発見!

散髪屋さんでした!

ここで、レンタバイクとレンタサイクルをしているみたいです。グーグルマップにも”レンタバイク兼理髪店”って書いてました♪(最初からグーグルマップで探してもよかったかも…いや、これぞ旅!)

日本の感覚で思い込んでるとだめですね~

場所は、バスを降りたところから歩いて5分ほどでした。(たどり着くまで30分ほどさまよった…)

最初、レンタバイクを借りる予定でしたが、店の人が

ゴールデントライアングルなら自転車でも行けるよ~


と自転車を進めてくれました。(バイクの方が店側にとっては儲かるのに…!優しさに触れる(*ノωノ))

ゴールデントライアングルまでは自転車で40分くらいだったので、自転車を借りることにしました。(まさか後悔することになるとは…)

借りるときはパスポートをもとに簡単な書類を書きました。(パスポートナンバーや名前など)行く前に、空気入ってたけどきちきちに入れてくれた(TT)優しい…

お値段はこんな感じ。当日料金です。

レンタバイク(小さいほう)…200バーツ
レンタバイク(大きいほう)…300バーツ
レンタサイクル…80バーツ

無事にゴールデントライアングルまでの足ができたので、出発します(*‘∀‘)

ゴールデントライアングルへ出発

10:30にはチェンセンに着いたのに…11:00に出発です( ;∀;)道はめちゃくちゃ簡単でした。

大きい道に出てあとはもうずーっとまーーーっすぐ!!

すごいのどかな道を走ります。何度も立ち止まって景色をぼんやり眺めました。

車もバイクもあんまり来ない。なので、バイクをあまり運転しない人でも比較的運転しやすいかと思います♪

いやぁ~道は簡単ですが、日‥日差しが強い…!!遮るものがない!日焼け止め持ってきたらよかったぁぁぁ(><)

ゴールデントライアングル到着

出発から50分ほど経って、お店屋さんがちらほら見えてきました。まだこのゾーンを通りすぎて、大きい仏さん?が見えてきたら到着です(*ノωノ)

雨宿りしたり写真を撮ったりのんびり進んだため、到着まで1時間ほどかかりました。(立ち止まらずに進むと40分ほどで着きます)

自転車を駐輪場(道路脇)に止めて散策します。まずはトイレへ。5バーツ。思いのほか広くてきれいでした。(といっても和式で水を汲んで流すスタイル)

ゴールデントライアングルについてよく見るトップ画像のものを、直接見てみたいと思い探しました。

しかし見当たらず…はて?(・・?

とりあえずパイナップルを食べます。甘くておいしいとのこと。

うん、甘い~!でもちょっと固い部分もありました。汗をかいたので糖分補給。

周辺にはお土産屋さんやちょっとした屋台がありました。ボートもありましたが、おそらく今はコロナの関係でやってなさそう…?

またてくてく歩いてみると、ようやくトップ画像のものを発見ー!大きいと思ってたけど意外と小さい。

そして目立たないところにある。直接見れてよかった(´ω`)

↓この写真の近くにありました♪

3国が隣接してる川が合流しているところなんで本当に珍しい。いつまでも見れるほどでしたが、なんせ暑い…

帰ることに。その前にお土産屋さんをプラプラします。ゴールデントライアングルのTシャツを買いました。

近くのお寺に上って、そこからの景色も楽しみました。(このときすぐ帰っていれば…)

チェンセンに帰る(そして事件が…)

滞在時間1時間ほどでしょうか。さて、帰りに向けて自転車で出発です。

帰りものどかな道を見ながら帰ります。緑ー!!車も少ないため、うるさくなく空気もきれいです。

レンタルしたところが近づいてきました。おなかが減ったので返す前に昼食を。

メコン川が目の前に流れているところにお店があったので、そこでいただきます。(ここで食べずにすぐに帰っていれば…)

昼食後、自転車を返したあとにバス乗り場へ。

このカラフルな建物の前が、帰りのバス停になっています。(この色合い好き)

止まっていたバスに近づくと何やら様子が変…

白人の方が運転手となにやら話している様子。

その方以外にお客さんがいない…近づくと運転手さんが、

もうチェンライ行きのバスは終わったよ

と。

( ゚Д゚)え…?今14時40分ですが…

指さされた方を見てみると、時刻表が。

最終が14時半…(チェンセンの街に着いて帰りのバス停確認したときは、この時刻表の存在を知らなかった…聞いていればよかった…後悔先に立たず。。)

バス停の前にあるバス会社の人が「チェンライまで(白人の方と)2人で1000バーツで送ってあげる」と申し出が( ゚Д゚)

え…ということは、1人500バーツ…行きは40バーツだったのに…約10倍?!高すぎる!!と思って

私はやめておく…

と、その場を離れました。

うーん、どうしよう…と困りましたが心の底では「絶対なんとかなる」となぞの自信が。

とりあえずレンタサイクルの店に戻り、対応してくれた店の人(50代くらいのお母さん)に事情を話します。

しかし、チェンライに戻るにはやはりあのバスしかないとのこと。

以前は遅い時間まで運行していたらしいですが、今はコロナの関係で少なくなったとか。

※運行時間は変わるみたいなので、日帰りで行かれる方は必ず帰りのバスの時間確認を…!

グラブを使うにも高すぎる…

ここに泊るにも、次の日空港に行かないといけないのでばたばたする…(あと泊ってるところが居心地よいので帰りたい)

店のお母さんに相談したところ、息子さんがチェンライまで800バーツ+ガソリン代で送ってくれるとのこと。うーん…さっき白人の人と一緒に帰っておけばよかった…(後悔先に…)

しかしいろいろ考えて、結局息子さんに送ってもらうことに!

宿に帰ってほっとしたい!

後部座席に乗ろうとしたらお母さんが「遠慮しないで助手席に乗って!」と言ってくださり…息子さん(無口&タイ語のみ)と気まずい1時間の車の旅に…

いや、逆にこんなレアな機会はなかなかない!知っているタイ語を駆使し、ちょこちょこ会話もしました。アウトプットの良い機会。うん。

そんなこんなで約1時間後、無事に宿に到着。

ガソリン代含めていくらか聞いたところ800バーツでよいとのこと(TT)

でも私は血迷って、なぜかお礼とともに1000バーツ渡しました…。息子さん、遠慮しましたが最終的に受け取って帰っていきました。

往復2時間で1000バーツ…息子さんからしたらめちゃ儲かったんやろうなぁ。。と

いや、でも無事に帰ってこれて本当によかったです!!

宿に帰ってすぐに友達にラインで報告したり、宿の人に話したり。気持ちの消化。

これぞ旅のハプニング(´ρ`)ネタや

「〇〇していれば…」と後悔の嵐でしたが、全部自業自得。旅は自己責任だもの…

みなさん…バスの時間にはくれぐれもご注意を(´ρ`)

でもチェンセン&ゴールデントライアングル、良いところだったので次はチェンセンに泊ってもみたいな~。また行きたいところが1つ増えました♪

チェンマイ→ゴールデントライアングルまでの行き方

1.チェンマイ→チェンセン(バス)
2.チェンセン→ゴールデントライアングル(ソンテウ・レンタバイク・レンタサイクル)
【注意事項】
・帰りのバスの時間は必ず確認を…!(切実)



スポンサーリンク
旅・語学
スポンサーリンク
goyaをフォローする
ごーやの日々
タイトルとURLをコピーしました