【疲れる人】早口・声小さい・活舌悪い人は注意!

こんにちは、ごーやです。

私は早口でしゃべる方なんですが、
人によく「え?」と聞き返されます。

私からしたら「なんでわからんのかな~」と思っていたのですが
(そうです、いらちです)
私と一緒くらいの早口の人と会って初めてわかりました…

「あ、脳がしんどい…」と。

早口を聞きながら会話の意味を理解するために、脳がフル活用されるんですよね。
しゃべってる本人からすると、自分はわかってる内容なんですが
相手からすると、早口すぎて情報の整理が追いつかない。

わからない内容や専門用語、初めて聞く単語などが出てきたときには更にです。

なので、早口の人としゃべるときは
脳の処理がしんどすぎて、疲れることに気づきました。

自分が早口の側なので、それに気づいてからは
気持ちゆっくりめにしゃべるように気を付けています。

しかし、自分の中ではわかっている内容なので
どうしても早口になってしゃべってしまうんですよね。。。
また、早口でしゃべらないと忘れてしまうこともありなおさら。。。

ですが、「この人としゃべると疲れる」人にならないためにも
日々気をつけています。
といっても、早口過ぎたらゆっくり喋る心がけをするだけですが。

学生の頃はめちゃくちゃ早口で、
私が入れた留守電のメッセージを友達に聴かせてもらったときは驚愕でした。
初めて話す早さを聞いたかも。(イメージは平野レミさん)

自分の声を録音するのも一つの手かもしれません。
日々意識してゆっくりしゃべるようになってからは、ましになっていると思います。
(思いたい)

日々の積み重ねって大事・・・

逆にゆっっく~りのんび~りしゃべる人や
動作がゆったりの人は、一緒にいて心地よくありませんか?

おそらくプレッシャーもなく、脳をフル活用することもないためだと思います。
(ごーや調べ)

声が小さい人活舌の悪い人も早口の人と同様、
聞き手が全力で耳を傾ければならず、話していて疲れてしまいます…

以前、初対面の人と居酒屋に行った際、
周りががやがやしているのにめちゃくちゃ声が小さくて、
何度も「え?」を連発していました。

隣でしゃべっているにもかかわらず…
その人からしてもいい気はしないですし、こちらとしても全力で疲れてしまいます。

早口の人はゆっくりめに
声が小さい人は大きめに
活舌が悪い人ははきはきと

を意識すると、聞き手が聞きやすいです。

自分もその立場になってみないと、相手の気持ちってわからないんですが
相手の気持ちを考えるのもコミュニケーションの一つです。

話すことって、聞き手がいて初めて成立するんですよね。
自分本位にならず、相手ありきで話すと、
お互い居心地の良い関係になっていくと思います。

スポンサーリンク
生活
スポンサーリンク
goyaをフォローする
ごーやの日々
タイトルとURLをコピーしました