【何話そう】お見合いで話が続かない。次につなげる会話は?

こんにちは、ごーやです。

現在結婚相談所(IBJ)で活動しており、15回以上のお見合いを経験してきました。

お見合い後、断られることがほぼなく会話力には自信があります。

結婚相談所でお見合いに進んでも、

・緊張して何を話したらいいかわからない
・会話がうまく続かない

と悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

お見合いはお互いが初めて会って話す場所。

初対面同士、緊張しないという人は少ないです。

お見合いは「自分を気に入ってもらおう」というスタンスではなく、相手のことを知り自分を知ってもらうための機会です。

お互いの雰囲気や合う・合わないを確認するための場でもあります。

『お見合い=絶対結婚相手になる』のではないため、無理にがんばると後々自分を苦しめることになります。

あくまで、できる範囲でお見合いを楽しみましょう♪

スポンサーリンク

お見合い前の準備

まずはお見合い前から。

相手のプロフィールを熟読

お見合い中はスマホを見ながらプロフィールを見ることはできないため、相手のプロフィールを熟読して会話に臨みます。

相手のことを知っていてこそ、質問したいことや話したいこと聞いてみたいことが出てきます。

プロフィールを読んで、ある程度の質問内容を準備しておくと会話が進みやすいです。

台本のようなに丸暗記するのではなく、キーワードとして覚えておくと楽ちんです。

丸暗記すると覚えておくことが目的になってしまい、会話自体を楽しめなくなります。

丸暗記ではなく相手に興味を持ち、聞きたいことを事前に準備しておきます。

事前にシミュレーションしておくと、少し余裕がでるかもしれません。

プロフィールを読んでいなくて、そこに書いているのに聞いてしまうと「あれ、読んでないのかな」と自分に関心がないと思われます。

自分に関心がないと思われると、心の距離があいてしまいます。

私はいつも前日や電車の中で数回読み、質問したいことを頭の中で考えています。

文章を覚えようとすると忘れてしまうので、『好き 海鮮』『趣味 アニメ』『旅行 休日』など単語で覚えるようにしています。

遅刻は厳禁

お見合い当日は、10分前くらいには待ち合わせ場所に行くのがベストです。

電車の大幅な遅延や事故を除いて、遅刻は相手によい印象を与えません。

相手の時間を大切に思っていない印象を与えて、雑に扱われているように思われます。

遅刻自体はお見合いの会話には関係ありませんが、いくら会話がうまくいっても遅刻してしまうとそこでマイナスポイントです。

遅刻したことで気まずくてうまく会話できない…なんてこともあるかもしれません。

また、遅刻したことに焦ってしまってそれが尾を引くこともあります。

お見合い場所までの行き方がわからない場合は、事前に行き方を予習するか、早めに行って場所を確認しましょう(*‘∀‘)

清潔さを意識

初対面同士なので、第一印象はやはり大事!

爪が伸びすぎていないか、服はしわがないか、鼻毛が出ていないかなど前日に清潔感を必ずチェックしましょう(*‘ω‘ *)

第三者が自分を見た時を意識してみると良いと思います。

清潔感だけでだいぶ印象がかわってきます!

清潔感をきらいな人はいません。

また、服装はプロフィール写真に近い服装が良いです。

せっかくプロフィール写真をがんばって良い感じに撮っても実際会ったら残念だった…

なんてことになってはいくら写真がよくても次につながりません( ;∀;)

一にも二にも清潔感を意識しましょう ♪

次につながらない会話

お見合いがうまくいったあとは仮交際に進みますが、次につながらない会話はどういった会話なのでしょうか。

ネガティブな内容

ネガティブな話は誰でも聞きたくありません。初対面同士ならなおさら。

初対面同士なのに暗い話をされると、いつもネガティブな思考と思ってしまい敬遠されます。

実際ネガティブな方とお見合いした時、「なぜ初対面でネガティブな話を…」と正直良い印象は持ちませんでした。

初対面でネガティブな話をするほど、いつもネガティブな考えなんだろうかと感じました。

一緒にいてネガティブばかりだとしんどいです。

その場の雰囲気も暗くなりますし、話していて楽しい気分にはなりません。

暗い話より明るい話をする人と一緒にいたいです。

自分の話ばかり

”自分のことを知ってもらおう!”と意気込んで自分の話ばかりすると、

自分の話しかしなくて、こっちには興味ないんだな…

と相手は感じてしまいます。

お見合いは自分をアピールする場ではありません。お互いを知る場です。

相手ばかり話をして私は聞き役といったお見合いをしたことがありますが、正直疲れました…

私はふんふん聞くだけで、”ここに何しに来たのか…”と思っていました。

自分の話ばかりでは相手に関心がないと思われます。

キャッチボールがあってこそ会話が成り立ちます。

自分を知ってもらうだけに注力すると、それは”会話”ではなく”自分アピール”の場になってしまいます。

自分の話ばかりでは、お互いのことを知ることができないばかりか「この人は自分のことしか興味ないのか…」と相手が残念に思ってしまいます。

無愛想

これは会話の内容とは直接関係ありませんが、無愛想な人も次につながりません。

話していても無表情だったり、返事が無愛想だったりすると「興味ないのかな…?」と思ってしまいます。

また、無愛想だと話しにくい雰囲気になり会話も進みません。

笑顔の人と無愛想な人、どちらが話しやすいか言うまでもありません。

会話が進まないということは、話すこともなく次に進まないことでもあります。

興味がないと思っている人と話したいとは思いません。

次につながる会話

では次につながる会話はどういった会話なのでしょうか。

相手に関心を持つ→話しを広げる

まずはなにより相手に関心をもつことが前提です!

関心を持つことで”知りたい”ことが自然と増えていき、会話も増えます。

質問した・されたことに対して「はい」「いいえ」だけではなくキーワードを拾って話を広げていくと「会話が続かない…」といったこともなくなります。

また、話を広げることで関心があることをアピールできます。

・休日は何されてますか?
→カフェに行ったり散歩してます
・そうなんですね

ではなく

・休日はなにされてますか?
→カフェに行ったり散歩してます
・カフェ行かれるんですね、おすすめのカフェはありますか?
→そうですね~○○駅近くのカフェはケーキがおいしいです
・甘いもの好きなんですね、よく食べるんですか?
→はい、コンビニスイーツはよくチェックしてます

など、”カフェ”に関する会話を広げていきます。

広げることで「自分に関心をもってもらってる」「もっと話したい」と好印象につながります。

たとえ自分が知らない趣味や仕事でも、教えてもらうスタンスで聞いてみると相手も快く教えてくれ、自分が知らなかった世界を知ることができます。

私は自分が知ってる知らないに限らず、相手のことを知ろうと思い、けっこう何でも質問したりしています。

共感する

誰でも共感されるとうれしいもの。

初対面同士なのに話をしている途中で、

「でも…」「それは…」など否定されると、自分を否定されているような気持ちになって、次も会いたいとは思えません。

お互い価値観が違うもの同士のお見合い。

違って当たり前・こんな人もいるんだな、といった気持ちで臨みます。

共感することで安心感が生まれ、距離が縮まります。

笑顔を心がける

笑顔で相槌をすることにより雰囲気がよくなり、話しやすい雰囲気が出ます。

相手がにこにこ笑顔だと緊張もほぐれ、好感を抱きやすくなります。

無表情や無愛想だと話す雰囲気が重くなり、「え、興味ないのかな…?」と話してて心配になります。

無理に話さなくても、笑顔で相槌するだけで印象がぜんぜん違います。

話しやすい雰囲気があるだけで、その場の空気が和みますし安心した気持ちになり会話がしやすいです。

NGな話題

お見合い場面ではNGな話題があります。

各相談所にルールがあるので確認しておき、失礼にならない会話を心がけましょう♪

・プライベートにつっこんだこと
・どれくらいの期間婚活しているのか
・今まで何人と仮交際に行ったか
・フルネームを聞くこと
・住所などの個人情報

”楽しむ”雰囲気がなにより大事!

自分を楽しませてもらうではなく、相手に楽しんでもらう気持ちで話すと自然と楽しい雰囲気になっていきます。

楽しい気持ちになると意識せずとも笑顔にもなります。

せっかくなら会話を楽しんで、相手のことを知っていきましょう♪

楽しんでいないと次も会いたいとはなかなかなりません。

ただ「相手に興味があるからまだ話したい」思っても、お見合い時間をオーバーしすぎることはよくありません。

時間オーバーは相手に良い印象を残すところか、悪い印象になってしまいます。

相手に次の予定があるかもしれませんし、時間オーバーすると時間管理ができていないと思われるかもしれないからです。

また、話しすぎると疲れてしまいます。話したりなかった・まだ話したいと思うことで、次に進む可能性が高まります。

お見合いが終わって、もし次につながらなくてもあくまでも「ご縁がなかった」だけなので、自分を責めすぎないでください!

みんなに好かれるようにするためのお見合いではなく、たった一人の結婚相手を見つけるための場です。

話してる途中で「この人は違うな…」と思うこともあるかもしれません。

しかし、あからさまな態度をしてしまうことは大人のふるまいとしてよくありません。

もし途中で「違うな…」と思っても、最後まで割り切りましょう(>_<)これも経験と思って…

ご縁を大切に…

緊張しているときは「緊張しているのでうまく話せないかもしれません」と相手に伝えてしまうのも一つの手です。

伝えることで自分の気持ちが落ち着くこともありますし話がうなくできなくても「緊張しているからだ」と相手に思ってもらえます。

初対面同士、当日お会いしないことにはお相手がどんな方かはわからず緊張すると思います。

しかしお見合いしたことも何かのご縁と思い、1つ1つのお見合い悔いがないように臨んでいきましょう♪

お見合いが成功しないことには仮交際に進めません。まずはお見合いを成功させて次の一歩に進みましょう(´▽`)

以上、参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました