友達が少ないことは寂しいことなのか?少なくても寂しくない!友達が少ないことのメリットは?

こんにちは、ごーやです。

いきなりですが、友達が少ないと寂しいことなのでしょうか?
友達は多いほうがいいのでしょうか?
世間では『友達が多い=良い人』というような風潮がある気がします。

私は友達が少ないです。

学生時代の頃は、友達が多いほうがいいと思っていました。
なぜなら、友達が多いほど

・たくさんの人と遊べて楽しい
・いろいろなタイプの友達がいて視野が広がる
・常にだれかといるから孤独を感じない

と思っていたからです。

学生時代はグループで行動することが多く、そんな中1人で行動したり、何かの集まりがあったときにわいわいできないことが寂しいと感じていました。

実際友達が少ない子を見ると「寂しそうでかわいそう」とすら思っていました。
今思えば本当に失礼な話です。

卒業してしばらくすると、社会人や主婦・フリーターなどライフステージの違うこともあり徐々に会わなくなっていき、学生時代の友達は減っていきました。

卒業してからも「友達」の関係を保つために定期的に連絡を取り休みの日には必ず予定を入れていましたが、無理をすると疲れてきます。
友達とは本来、一緒にいて楽しい関係だと思います。
無理をしてまでほかの人に合わせるのではなく、自分で決めたことを実行することはその人の人間力があがります。

友達が少ないことのメリットとは?

自分の時間を過ごせる

友達が多いと予定が多くなり、その分自分の時間が少なくなります。

以前自分の学生時代のスケジュールを見た時に、午前中はAちゃん・午後はBちゃんCちゃんと遊ぶといったスケジュールが多く、自分の時間がありませんでした。
(もう今は体力的に絶対無理…)

学生時代は、『予定が多い=友達が多くて充実している』と思い込んでいたので、友達関係を保つためもあってけっこう無理に予定を入れていました。

空白のスケジュールが怖いときがありました。
一種の強迫観念にかられていたのかも。

しかし、卒業して社会人になり学生時代の友達と徐々に連絡をとらなくなり、自分の時間が増えると本当にしたいことに(自分の行きたいところに行く、本を読むなど)時間が使えるようになり、以前よりも充実感があります。

お金がかからない

友達が多くて予定が多い分、出かけることが多くなりその分お金がかかります。
もちろんお金がかからない遊び方もありますが、毎回そういうわけにはいきません。

また、友達の誕生日や結婚祝いなどプレゼント代も必要になってきます。

友達が少ないとそういう機会が必然的に少なくなるため、お金がかかりません。
お金が貯まる分、自分の好きな時にお金を使うことができます。

人付き合いでストレスが少ない

友達が多いと、喧嘩をしたりお金関係でトラブルになったり、あまり気が合わない友達と過ごして疲れたりと友達が多いと悩みもその分増えます。

人は悩んで成長しますが、悩みだらけだと疲れるしストレスの日々です。

友達が少ないと、本当に気が合う友達と過ごせるので圧倒的にストレスが少ないです。

まとめ

友達が少ないことは決して寂しいことではありませんし、悪いことでもありません。

むしろ、時には本当に気の合う友達と過ごして、時には自分の時間を過ごして…
と自由に過ごすことができ、有意義な人生になるのではないでしょうか。

もちろん友達が多いと、考え方の違いで視野が広がったり楽しい時間を過ごせたりするというメリットもあります。

友達が多い・少ないで、その人の人生を判断することはできません。
友達の数ではなく、自分の人生は何をしているときが幸せなのか、充実しているのか、と考えて有意義な人生にしていくことがが重要です。

友達が少ないからといって、周りの目は気にせず自分の時間を大切にしましょう。
自分の趣味や好きなことをしていると、その縁で友達ができるかもしれません。
友達は自分の自尊心を保つために無理に作るものではありません。

私は友達が少ないですが、自分の好きことをする時間があり、ときどき友達とごはんや旅行に行ったりしてプライベートの時間を心地よく過ごしています。

友達が少なくても自分の時間が有意義であれば、寂しいことではありません。

スポンサーリンク
生活
スポンサーリンク
goyaをフォローする
ごーやの日々
タイトルとURLをコピーしました