【悲報】私、電車で隣に座られない人です。

はい、タイトルの通り電車であまり隣に座られないごーやです。

端っこの席でも、真ん中の席でも、どこに座ってても「あれ?片方の隣座らないなぁ…」と思うことがまぁまぁあります。

7人席のところに、こういう席順で座っているとします。

すると、乗ってきた人は私とは逆のあいている席に座るんです(;’∀’)

それを何度も経験している私…


もしくは向かい合っている席の、空いている席に座ったり。

乗っている時間が長いと、駅に止まるたびに「あぁまた座らない」と考えて悲しくなってしまうことも…

さすがに満員電車のときはそんなこともないですが、ほどよい混み具合の時はあまり座られないですね
( ;∀;)かなしい…

隣に座られない人の特徴を考えてみた

では、どんな人の隣は座りたくないのか。
客観的に考えてみました。

・近づくなオーラが出ている

オーラは目に見えませんが、雰囲気でなんとなくわかるときがあります。

イライラしている、隣に座ってほしくなさそう、やさぐれているなど。

隣に座ってはいけないような雰囲気を醸し出しています。

・派手な服装

隣に座ったとしても何か言われるわけではないですが

「派手な服装=あまり近づきたくない」

といった直感的な意識が働きます。

地味な服装やスーツ姿の人の方が安心します。
このため、率先して隣に座ることはないかも。

・若い

30代になってわかったこと…

若者が怖いときがある!

自分が若者のときは何も思いませんでしたが、若い(しかも集団)ときゃっきゃしてて平気で人のことを言うイメージがあります。
(※あくまでもイメージ)

ターゲットになりたくないため隣には座らず、距離を置きたいです。

・怖そう

不良っぽかったり、強面だったりすると隣に座りたくはありません。

誰も好んで怖い人の横には座らないと思います。

からまれたらどうしよう…いちゃもんつけられたらどうしよう…など考えてしまいます。

がたいが良い人も怖そうな雰囲気があるため、隣に座られません。

・不潔

・髪がぼさぼさしていて不潔そう…
・持ち物や服があまりきれいではなく不潔な印象

など、不潔そうな人の隣には座りたくありません。

不潔な人より清潔そうな人の隣に座りたいですね。

・美人、男前すぎる

美人、男前すぎる人だと、緊張して隣に座られません。

あまりにも美人・男前だと変に意識してしまいます。

隣に座って嫌な顔されたらどうしよう、移動されたらどうしよう…など。

自分が隣に座るときの印象を考えてしまいます。

・ビール飲んでいる

たまに見かける電車の中でビールを飲んでいる人。

からまれたらいやだ、急ブレーキの時にビールがかかったらいやだ、
と考えて防衛心が働きます。

また、単純に酒臭いのでいやですね。

・隣にはみ出て座っている

1.5人分ほどの席を占めて座っている人。

自分が席に座るときに狭くなってしまうため、隣には座りたくありません。

せっかく席に座れても、きゅうきゅうで過ごすことになってしまいます。

ということで、大体隣に座られない人の特徴はこんな感じでした。

「美人・男前」以外あんまりいい特徴ではない…
(隣に座られない理由、これであってほしいが絶対違う( ;∀;))

電車に乗ったときはめちゃくちゃ考えて席に座ることはなく、これまでの経験や勘から席を選ぶことが多いです。

直感で、安全で安心できる人の隣を選んでいると思います。

だからといって「隣に座られないから私は安全・安心の人間じゃないのか…」ということではなく、本当にたまたま座られないときも多いです!
(自分を励ます)

結論:気にするな

スポンサーリンク
生活
スポンサーリンク
goyaをフォローする
ごーやの日々
タイトルとURLをコピーしました