京都水族館、30代女一人で行ってきた。いやされる空間

こんにちは、先日1人でふらっと京都水族館に行ってきたごーやです。

初めての京都水族館。

京都水族館
https://www.kyoto-aquarium.com/index.html
京都市下京区観喜寺町35-1

京都駅から歩いて15分ほど。(HPを見るとバスもあるようです)

到着(*´▽`*)

入場料2200円。
年パスが4400円で、2回以上行くならお得です♪

入ってすぐにオオサンショウウオが!!!
めちゃくちゃいる!!大きい!

うーん、テンションがあがる!
(私は爬虫類や恐竜が好きなんです)

オオサンショウウオは世界最大の両生類。
夜行性なので日中は暗がりでじっと息をひそめているそう。
日中はゆったりのっそり動いています。

お目めがどこにあるかわからないほど小さい。
普段からあまり目に頼った生活をしていないため、退化したと考えられます。

エイやいわしの大群の水槽。サメもいます。
イワシのトルネードは圧巻でした!

ここはソファがあり、座ってゆっくり見ることができます。
ヒーリング音楽がかかっていて、落ち着いた気持ちになります。
ソファは少ないため、人が多いと座るのが難しそう…。

ケープペンギン。

ケープペンギンは暖かいところに住むペンギンだそうです。
寒いところに住むペンギンばかりではないんですね!

スタッフさんが作成した4コマ漫画。

京都水族館には、スタッフさんが海の生物について作成されたものがところどころにあります♪
どれも力作!!これを見るのも楽しい♪

間近で見るケープペンギン。
同じ格好してる…(*´ω`*)

くらげエリアは、2020年7月に誕生した新展示エリア「GURURI」があります。
360度の水槽で、その名の通りぐるりとくらげを見ることができます。
ミズクラゲが約1500匹ほどいます。

クラゲをじっくりゆっくり見たの初めてかもしれません。

泳ぎ方がきれい…。
泳ぐというより、浮遊生物なので「漂っている」が正しいですかね(*´ω`*)

ただただ見ているだけで癒されます…

ミズクラゲ以外にもクラゲが何種類か展示されています。

このちっちゃいクラゲ(名前忘れました)も丸くてかわいかった…

チンアナゴとニシキアナゴ。
白色に黒がチンアナゴで、しましまがニシキアナゴです。

小顔。顔つきかわいい!

水が流れてくる方向に顔を向け、流れてくるプランクトンを食べます。

全身が出てるところを見てみたい…。

客層は、若いカップルが多めでした。
7割くらいカップルです。

一人の方も安心してください!
一人の人もちらほらいましたよ(*‘∀‘)

思ったよりもこじんまりだったので、1周終わったあともう1周しました。
再入場はできないので、階段を下りて初めに戻ります。

オオサンショウウオの人形…
大きいのから小さいのまでありました。

欲しかったけど…
欲しかったけど、今見るからかわいいんだろうなぁと冷静に考えて我慢しました。

今回イルカショーは見ることができませんでしたが、イルカショーもあります!
時間はHPで要確認♪

また、ほかにもオットセイやニモやアザラシもいました。

水族館の規模は少し小さめかなと。

今回初めて京都水族館に行きましたが、オオサンショウウオやクラゲ・スタッフさんの作成したものなどあり楽しめました(*ノωノ)

クラゲは癒しと気づいた30代。

デートスポットのようですが、一人でもぜんぜん楽しめる場所でした♪

スポンサーリンク
おひとり様
スポンサーリンク
goyaをフォローする
ごーやの日々
タイトルとURLをコピーしました