【元牛丼屋アルバイト】女一人でも牛丼屋は恥ずかしくない!

こんにちは、ごーやです。

牛丼屋へ女性一人で入ることは入ったことのない人からすると、店内は男性が多くて入りづらく、とても勇気のいることかもしれません。

私は10代の頃から結構牛丼屋に一人で行っています。

一人で入ることに全く抵抗がありません。

学生の頃は牛丼屋さんでアルバイトもしていました。

アルバイトしていた時、多くはありませんが女性の方もいました。牛丼屋は大体が1人で来る人ばかり。

女性1人でも恥ずかしくも変でもありません。

元アルバイト&今も一人牛丼平気の私が、女性一人で牛丼屋に入るための攻略法をお教えします!

牛丼チェーン店の牛丼(並)の値段

まずは牛丼屋さん3店舗の値段(牛丼並盛)をチェック。

※2023.2時点の値段(税込み)

松屋  380円
すき家 400円
吉野家 448円

松屋が一番安いですが、安いうえに店内で食べると味噌汁が無料でついてきます!

※松屋:take outは味噌汁はつかず、別途60円で買えます。

味はどこもおいしいです!!

個人的には、松屋がお気に入り(*‘∀‘)

これさえわかっておけば心配ない!!

席の案内はされない

店内を見まわして、空いている席に座りましょう。

1人であればカウンターがよいです。

周りに1人の人が多いため、安心感があります。

長居はしませんし、基本どこでも大丈夫です♪

荷物を置くスペースはカウンター下

カウンターすぐ下のスペースしかないため、買い物帰りで荷物が多いときや冬場にコートを着ているときは、床に置くか自分のひざに置くことになります。

見にくいですが、棚です

混んでいない時間帯であれば、空いている椅子にそっと置かせてもらいましょう。

店舗によって棚がない店舗もあります。なので、大荷物のときは床に置く覚悟を…

荷物を置くスペースを探してきょろきょろしていると変な目で見られるかもしれず、よけいに一人牛丼が怖くなります。。。

メニューは机の端っこに刺さってる

席に着いたら、しゅっ机の端にあるメニューを手に取りましょう。(最近はタッチパネルが多い)

店員さんは持ってきてくれません。

メニューはここ☆

牛丼はもちろん、牛丼以外も種類があります!

ほかにもカレーがあったり、定食があったり。ランチ時にはランチメニューがあってお得です(*´▽`*)

行く前に公式HPを見てわくわくすると、よけい行くのが楽しみになることでしょう。(気持ちを高めるって大事)

お会計は、3パターン!!

松屋:席に着く前に券売機で買う

店内に入ったら券売機で先に買いましょう。

券売機で購入したあとは、席に座って待ちます。

※私が最近行った松屋では、席ごとにタッチパネルがあり、それで注文しました。食べ終わったあとは、セルフレジでお会計しました。松屋によってもそれぞれ違うようです。

すき家:食べ終わったあと、セルフレジ対応

・レシートを店員さんに渡す
→提示されている金額を入れる
→おつりを受け取る。

セルフだけど、レシートは店員さんに渡します。

セルフレジ byすき家

吉野家:食べ終わったあと、店員さんがレジ対応

ほかの飲食店と同じように、食べ終わってて時に行き、店員さんが対応してくれます。

王道パターンですね♪

※店舗によってはお会計の仕方が違うかもしれません・・・
それでも心折られないでください・・・

女性一人で牛丼屋に行くときの心構え

堂々と行きましょう!

うまい!早い!安い!

1人で食べている女性が少ないため、入りづらいとは思いますが慣れてしまえばこっちのものです。

牛丼が運ばれてくる時間も2・3分ほどで待ち時間が本当に短いので、周りの目を気にする時間もありません。

ワンコイン以下で満足のするごはんを食べることができるって、素敵すぎます♪

take outや誰かと一緒もいいですが、ふらっと立ち寄れて満腹感を満たしてくれる牛丼屋。

一人でも気軽に入れるので、気負いせず恥ずかしがらずに食べにいってみましょ~♪

スポンサーリンク
おひとり様
スポンサーリンク
goyaをフォローする
ごーやの日々
タイトルとURLをコピーしました