スリランカでキスされそうになったけど、逃げた先にあった店の紅茶が人生で一番おいしかった話

こんにちは、ごーやです。

2014年、ひとり旅でスリランカヌワラエリヤに行った時の話です。

スリランカ紅茶が有名で、ヌワラエリヤも紅茶の産地で有名な地区です。
(ウバ、ヌワラエリヤ、ディンブラ、キャンディ、ルフヌが主に有名な産地です)

スリランカの中部州ヌワラ・エリヤ県の都市である。スリランカ中央高地の南側、標高1,868 mの地域に位置しており、美しい風景と涼しい気候、そしてその気候を生かした紅茶(セイロンティー)の生産で知られている。

引用:ウィキペディア

私はコーヒーよりも紅茶派で、せっかく行ったからには

紅茶畑を見たい!!

と思い、ヌワラエリヤにも行きました。

スリランカは暑いイメージがありますが、ヌワラエリヤは高地にあるため寒いです。
ネルシャツ&パーカーでも少し寒いくらいでした。

ヌワラエリヤには、紅茶工場があって紅茶が無料で飲めます!

工場見学して、お茶を飲んでまったりしたあと
紅茶畑が見たかったので、てくてくと下へ下へ歩いて行ってました。

散歩中
散歩中

景色がきれい~。。。

空気もきれいで、この景色をみながらの散歩は最高です!

疲れても、手をあげればバスが止まってくれるシステム(便利!)なので
疲れるまでどんどん下に降りていきます。

すれ違う人がみんなほほえんでくれる。
スリランカは親切な人が多いです!

バスのおっちゃんが、
わざわざ降りて紅茶工場まで連れて行ってくれたり、

バスで座っている人が
立っている人(他人)の荷物を当たり前のように持ったりと、

ほんとにみんな優しい。。

そして疲れたのでバスを待ってたら、1台のトラックがきて

どこまで行くの?

「ヌワラエリヤのバスターミナルまで行きたい」
って言ったら、乗せてくれた。

でもこれが間違い。。(いや、考えたらわかる・・・)

やたら「ユア ビューティフル」と言ってきて、
途中、湖みるために降りた時に(私はいいって言ったのに勝手に連れていかれた) 
外が寒くて、車戻っても
「寒い寒い」と言ってなかなか出発しようとしない。

なぜか湖の写真撮ってた

そして「はぐしてくれる?」って!!!!
うわ!と思って「もうここでいい」って言ったら

「冗談冗談」って言われて発進したけど、めちゃくちゃいや。。。
そして走ってる時にまた懲りずに

キスしていい?

もう無理でその場で降りた・・・
(今考えるとよく降りれたな)

しんどくてちょっと休みたくて、無理に降りた先に飲食店があったので
中に入って紅茶をもらいました。

ここの紅茶が・・・

・・・

めっちゃくちゃくちゃおいしかった!!!

人生で一番!!!!!

紅茶で感動したのは初めてです!

疲れてたっていうのもあるんでしょうね。。寒かったし。。
おっちゃんもいい人でほんとに癒された。
おいしすぎてこの紅茶はどうやって作ったのか聞きました。

そのときは「ふんふん」と言ってメモを取っていましたが、
あとでメモを見返すと ”砂糖1 ミルク1” って書いてました。

なんの秘訣もないよぉ・・・笑笑

紅茶自体がおいしかったんでしょうね(^^)

もう一杯飲みたかったけど、私の中で1日2回って決めてたから飲みませんでした。
でも飲んどいたらよかった!!
 
スリランカでは、
道端のお店の紅茶やふらっと入ったお店の紅茶、すべての紅茶がおいしかったので
スリランカに行った際は、ぜひぜひ紅茶を飲んでみてください♪

そしてみなさん(特に女性の方)

知らない車には乗ってはだめです
(え、当たり前…)

でもここの紅茶を飲めたのは、良かったです!!

スポンサーリンク
旅・語学
スポンサーリンク
goyaをフォローする
ごーやの日々
タイトルとURLをコピーしました