不眠症の私が眠れるようになった2つの方法

こんにちは、ごーやです。

現在私はシフト制の仕事をしており、夜勤もあり不規則な生活を送っています。

仕事を始めて少ししてから、だんだんと眠れなくなり
次の日早い時間の出勤なのに、眠るのが深夜3時や4時なんでこともざらにありました。

そんな状態で出勤すると、働いている間は仕事モードになっているのでまだいいですが
夕方頃帰ってきたら、爆睡→夜9時頃に起きる→眠れなくなる。。。

といった悪循環になります。

眠れないときは本当につらく、ベットに横になっても眠れないことがくやしく
何度も涙したことがあります。

ネットで検索した情報をいくつも実践しました。

実践したこと

・ホットミルクを飲む

・寝る前に携帯を見ない

・4-7-8呼吸法

・羊を数える

・メトロノームを聞く     ・・・etc

その中で、私が眠れるようになった方法を共有したいと思います!

不眠症解決法:お酒をやめる

お酒を飲んだほうが眠れるんじゃないの?

と、私は思っていました。 

寝酒が習慣化してくると容易に耐性が生じてきて、かえって寝つきが悪くなってきます。なぜ、こうなるのでしょうか?

それはアルコールで得られる睡眠は、眠りの質が浅くなるからです。途中で目が覚めたり、早朝に目が覚めたりと、短時間の浅く質の悪い睡眠となっていきます。当然、心身に疲労が蓄積してきますから「もっとグッスリ眠りたい…」と考えて飲酒量を増やすと、耐性が形成されて不眠症が悪化していきます。

引用:https://www.seimei.org/itoman_info/515/

 

なるほど・・・だから夢もたくさん見て、眠った感じがしなかったのか…

眠れないときは、お酒を飲んでその勢いで眠ることもしばしば…

ネットでお酒は快眠によくないと書いていてわかっていたけれど
自分の力では眠れず、結局お酒に頼っていました。

しかし、ちょうどお酒をやめようと思っていたタイミングもあり、
お酒をやめて次のことも実践してみました。

不眠症解決法:温める

私がこれを実践したのは夏だったのですが、

夏で暑いのに温める・・・?よけい眠れなくなるんじゃ…

と心配していました。私は冷え性で、冬寝るときは靴下を必ず履いています。

しかし季節は夏…
効果があるのか疑問に思っていましたが、
本当に夜眠れないことが辛くとりあえずやってみよう!と実践することに。

体が冷えている人は日中も体温が上がらず、夜になっても「これ以上体温を下げてはいけない!」という体の防御機能が働いて、熱放散が行われにくくなります。その結果、体温の変動が少ないために「休息」のスイッチが入りづらく、寝つきが悪いなど睡眠に障害が生じてしまうのです。

引用:https://www.yomeishu.co.jp/hie_nemuri/

私は、冬に毎日使っている湯たんぽを使って実践しました。
お湯を入れて足元に置くだけ。

そして、実践してみた結果!!!

普段より早く入眠することができました!!!
もうこれだけで感動です・・・

夏でしたが、暑いと感じることなく、むしろ暖かく心地よかったです。
夢は変わらず見ますが、寝つきの悪さは改善されました!

まとめ

今も

✔家でお酒を飲まない
✔寝る前は温める

を実践していますが、以前よりも断然眠れていることを実感しています。

上記実践したおかげで、夜寝て朝起きるという生活ができつつあります。
(夜勤や早い出勤は変わらずありますが…)

ベットに入っても何時間も眠れない…ということで悩んでいましたが
今は30分もせず寝ることができています。

眠れない人で上記を試されていない方は、ぜひ実践してみてください!!

スポンサーリンク
生活
スポンサーリンク
goyaをフォローする
ごーやの日々

コメント

タイトルとURLをコピーしました