フィリピンでダイビングの免許を取ろうとしたら入院することになった話

こんにちは、ごーやです。
ちょっと長文です。

私は2014年に、フィリピンに語学留学に行ってたんです。2か月ほど。
まぁ・・ワーホリ前に…とか世界旅行前に…とかの理由で。


そのときに、同じ学校だった日本人2人と休日に

ダイビングの免許を取りに行こうー!

ってなって、ある日の休日に行ったんです。
2日間でライセンス取れて、3万くらいだったかな??

初めに座学の授業があって(英語だったけど、聞き取れるほどの英語&ジェスチャー)
午後からプールで少し実践して、そのあとに近くの海へ出る感じでした。


人数は12.3人ほど。ほとんどが外国の人でした。
日本人は私たちだけ。

私はこれより前に、沖縄で体験ダイビングをしたことがあったんですが
そのときは風が強くて思い通りに泳げなくて、あまりいい思い出がなかった…

今回もその思い出があるから、どうしようか迷ってたけど、
休日ひまだった(いや、勉強!)+一緒に行った日本人に押された(いや、自分の意志!
ってのもあって、行くことにしました。


一人は、すでにライセンスを取ってたけど そこでまたダイビングするだけだったのと、
もう一人はシュノーケルだったので、ライセンス取るのは私だけでした。

座学まではまぁ別になにも問題なく。。。
プールでの実践もまぁ別になにも問題なく。。。
事件は海での実践で起こりました。

12.3人に対して3人の先生がついて、海まで潜りに行きました。
結構深いところまで行って、その時点で私はちょっと怖かった。。。
いろいろな制約(鼻で息したらだめとか、上向いたらだめとか)を守るのもあって
みんなについていくだけで必死…

そんな中、海底にあるつかまり棒?みたいな周りをぐるぐるまわるっていうのがあって
(謎の行動)
そのときたまたま足をついたとき…
右足首にとてつもない衝撃が!!!!
そのあと痛みがじんじんきて…
でもこんなに人数いてるし、迷惑かけたらいけないと思いしばらく我慢してました。
でも我慢できないくらい痛くなってきて、覚えたてのハンドシグナル「異常あり」を
同行の先生に伝えました。そしたら衝撃の…

もうちょっと待って

 ・・・。

 結局30分くらいそのままの状態で泳いで
 みんなが上がるタイミングで上がって、足を見てもらいました。

そしたら左足首に複数のとげが…
(私が着てたウェットスーツは少し短くて、足首が3センチくらい見えてたんです)
とりあえずとげを抜いて、酢と真水で流した。


ウエットスーツ脱ぐのも本当に一苦労!!!!

受付のお姉さんが一緒に脱がしてくれてめちゃくちゃ心配してくれた。。。
(一緒に同行した先生はなにもない)
その間にも足が徐々に膨れていく…

とりあえずそのあと帰ってずっと冷やしてたけど、じんじんして寝るのも寝れない…
そしたら翌日…
ひざこぞう下までパンパンに腫れてた!!!!
もう歩くのも足引きずりながら…めちゃくちゃ痛い。

その日は日曜日だったので、近くの病院閉まってて
学校の事務局の人に空いている病院を探してもらいました。


学校からタクシーで20分くらいの病院に行くことになって(たぶん救急病院かな)
そのまま3日間入院することに。

急展開すぎる。。。

点滴と飲み薬で治療。
病室は個室で、テレビもあって(NHKがうつった!)
ごはんもフィリピンらしい感じのが出て、本もゆっくり読めてたまに教材もして。
新鮮な生活でした。


でも3日間すぎてもよくならず、1回学校に戻ってまた入院。
1週間過ぎても一向に良くなる気がしない足に、めちゃくちゃ不安になっていた。
腫れがまったくおさまらない。

検温に来た看護師さんに「腫れはいつになったらよくなるんですか」と涙ながら訴えたことも…

とげが刺さってから2週間後、

このまま治療しててもよくならないので日本に帰ることにした。


その時は夏だったので、サンダル履けてよかった(スニーカーがはけないほど腫れてた
実家の両親に事情を説明して、帰国日に空港まで迎えにきてもらって
翌日近くの診療所に行って診てもらいました。


フィリピンで打っていた点滴の内容の書面を持参して。
その書面を先生に見てもらったら、

 「なんでこれを打ってたんだろう?」と・・・。

え・・・?

先生曰く、栄養水みたいなものだったらしい。。。
そりゃ腫れもひかん…
日本で治療するときも、点滴するものかと思ってたら内服薬のみ。

内服薬飲み始めて徐々に腫れが引いてきた。でも全然元通りの太さにならない・・・
もうこのまま元にはもどらないのかなぁとめちゃくちゃ不安になって
ヤフー知恵袋に質問もした。
そしたら同じような体験された方から回答がきて、体験談で励まされました。

内服薬を続けて、その間も精密検査とかも行きました。
(とげが残ってないか、ほかに原因がないか知りたくて)
結果は異常なし…
不安な日々を過ごしながら、帰国して3か月ほどでついに元の足の太さに戻ってきた!!!!
よかった、冬になる前で…靴が履けるから…切実)

でもそれからも2.3年ほどは、
長時間歩いたら少し腫れて熱がこもる感じでした。
今でこそ友達や知り合いに笑いながら話せて、むしろおいしい話になってるけど
そのときは本当に治るか不安だった…
本当に治ってよかった!!!!

ちなみにとげは、おそらくですがムラサキウニかと。
そのときの足の写真↓

やばいですよね。。。

このときは、記念に写真とっとこう~なんて気持ちはなかったので、

この1枚しか撮ってません。

みなさんも海には気をつけてください!!!
私はもうダイビングのライセンスを取ることはないと思います…

伝えたいこと

①ダイビングするときは、足首が隠れるウエットスーツを着てください

②留学しているのに、はめをはずして遊ばず勉強しましょう。

海外の病院に行ってもなかなか治らないときは、
 日本に帰ってきた方がいいかもしれません。

余談ですが、過去にうに丼食べた時も2回中2回熱出ました。
ウニとは相性がよくないのかもしれません。
。。

スポンサーリンク
旅・語学
スポンサーリンク
goyaをフォローする
ごーやの日々

コメント

タイトルとURLをコピーしました