年越しはどこでどうやって過ごすのが良いの??

こんにちは、冬は毎日腹巻をしているごーやです。おなか出したら冷えますからね。

今年の年越しの過ごし方はもう決まっていますか。

年越しをどのように過ごすか悩んでいる方もいるのはないでしょうか。
友達とカウントダウン、家でまったり、旅行へ行く…など過ごし方はたくさんあります。

これまで私は様々な場所で年越しをしてきました。

そんな私の経験談を踏まえ、おすすめの年越しの過ごし方を紹介いたします。

カウントダウンイベントへ行く

年が変わる瞬間はやはり盛り上がりたい!
イベントは盛り上がること間違いなし!

私は1度、お笑いのカウントダウンに参加しました。
年が明ける瞬間、その場にいるみんなとカウントダウンをして…
明けた瞬間に花火!
わ~~~っと盛り上がりました!

しかし…外でやっていたため、めちゃくちゃ寒かった!!
しかもずっと立ちっぱ!!
温かくして行きましたが、ずっと外にいると体がめちゃくちゃ冷える…
そのあと飲んだスープがどれほど身に染みたか…

カウントダウンイベントは、その場にいる人と一体感がありめちゃくちゃ盛り上がりますが、外でのイベントは思っている以上に寒いです。

旅行へ行く

いつも過ごしている場所ではなく、違ったところで年を越すのもいいですね。
いつもと違った雰囲気だとわくわくしますし、旅行というだけでもう楽しいです。

一緒に行った人とゆっくりとカウントダウンするもよし、旅行先のカウントダウンイベントに参加するもよし、そこでしか体験できない年越しになります。

私は年越しを沖縄で迎えたことがありますが、急遽外で迎えようということになり、カウントダウンしてそうな場所を探しました。

しかし、土地勘がないためうろうろしたり、人にやってそうな場所を聞いたり…
めちゃくちゃぎりぎりにやっているっぽいどこかの広場に到着し、そこでカウントダウンとしたことがあります。

その時の写真を見返すと知らない人ばっかり笑
旅行先でカウントダウンするのであれば、リサーチはした方が良いです。

いつか、少し高いホテルに泊まっての年越しをやってみたい…

神社へ行く

年を越す前に神社に向かい、年明けとともに初詣はいかがでしょうか。
年を越してすぐに神様に挨拶しましょう。
神聖な空気を感じながら年越しをすると、力をもらえそうな気がします。

私は三重の伊勢神宮に友達と年明け前に向かい、並んでいるときにそこで年明けを迎えました。
ただ…びっくりするくらいの人・人・人!!!

いつもならすぐにお参りできるのに、このときは鳥居をくぐって少ししたところから並んで参拝できるまで3時間かかりました。

正直…寒かったです…。
しかし神聖な空気と厳かな雰囲気で、街中で年越しするのとはまた違った年越しでした。
行かれる方は人込みと寒さ覚悟です!

友達とわいわい過ごす

気心知れた友達と家やお店でわいわいと過ごすのもいいでしょう。
自分たちだけで「3.2…」とカウントダウンすることも楽しいです♪

どこでするかも大事ですが、誰とするかも重要です。
気兼ねなく友達とおいしい料理を食べながらカウントダウンしましょう。

私は18歳ころに友達と外で集まり、カウントダウンしました。
カウントダウンイベントに参加ではなく、広場か何かに行って友達同士でわいわいしました。
(うん十年前なので記憶があいまい…)

一人暮らししている友達がいればそこに集まって、テレビを見ながらのカウントダウンもいいですね♪

家で過ごす

外は寒いし、旅行は高い、イベントは人込みだし…と思っている方は家で過ごすことが一番です!

家でテレビを見ながら年越しそばを食べて、ゆっくり年を越しましょう。
年越しからなにも外に出なくてもいいのです。
(自分はさんざん出てたけど( ゚Д゚))

私はここ何年かは家で過ごしてます。(え?一人ですが何か(‘ω’))
なぜなら、寒さが本当に嫌いだと気づいたからです。

若いときはいろいろな年越しをしましたが、家で過ごすことがなにより良いと気づきました。
「笑ってはいけない~」見てると、年越し感なくいつのまにか年越してる笑

今年の年末は仕事ですが、仕事が終わった後は出かけることなく、家で年越しそばを食べて過ごす予定です。
前日にえび天を買っとかないと!

おわりに

冬は寒くて、長時間外で過ごすことは本当につらいです。
楽しいことがあっても寒さで大半のことは楽しくなくなってしまいます。
人間、楽しめるときは条件がそろったときなんだと実感しました。

少し前までは寒さ関係なく外で過ごしてましたが、やはり寒いものは寒い!

そんな経験を通して、暖かい室内でゆっくり過ごすことが一番だと思いました。
あくまでも個人的な意見ですが。

結論:暖かいところで過ごす

それでは良いお年を。

スポンサーリンク
生活
スポンサーリンク
goyaをフォローする
ごーやの日々
タイトルとURLをコピーしました