30代女、海外でのぼったくり事件簿。ぼったくりにあわないように気をつけることは?

こんにちは、ごーやです。

日本でぼったくられた経験はあまりないかと思いますが、海外で被害にあう犯罪の一つにはぼったくりが多いです。

日本のような感覚でタクシーに乗ったり、買い物をするとあとで後悔することもしばしば…

海外でのぼったくり経験

私はこれまで16か国を旅しましたが、その中でもぼったくりはありました。

そんなに大きなぼったくりはありませんでしたが、それでも日本では経験しなかったことを経験しました。

私の経験談です。

スリランカでの紅茶

スリランカのエッラという街に泊まった時のこと。

ナインアーチブリッジという橋に行きました。

この陸橋は石でできているのですが、今まで一度も修復されたことがないそうです。

この橋に行った帰り道。

ここまでは線路を歩いていくのですが、その道中で”紅茶”の文字が。

せっかくなので入ってみようということで入ってみました。
値段は書いてませんでしたが、この時点で何日かスリランカに滞在していたので

だいたい〇〇ルピーくらいだろうなぁ

と思っていました。

紅茶は普通においしい。
そして自然の中なので空気もおいしい。

そして飲み終わったあと「thanks.how much?」と聞いたところ…

思っていた値段の10倍…

それでも日本円に換算すると安いんですが、スリランカの物価で考えるとめちゃくちゃ高い…

でもこれは完全に値段を聞かなかった私の落ち度…

値段を聞いてから頼むべきでした。

キューバでのお土産屋

キューバでお土産を買うため、お土産がたくさん売っている倉庫のようなところに行ったときのこと。

Tシャツを買おうと最初に入った店でTシャツをいくつか見て値段を聞いたあと、違うお店を見ようとしたところ…

すごい剣幕で

「あなたはこのシャツを選んだのに買わないの!?」と…
(たぶんこんな感じの意味)

違うお店も見たかったのに…
すごい剣幕におされそこで買いました…

ぼったくりではないですが、相場を知りたかったのに…できなかった私…

日本人も「No」と言える勇気を…

インドでのリキシャ

インドでは、リキシャやトゥクトゥクに乗る前に交渉するのは当たり前でした。
リキシャに乗ったときのこと。

(↓これはトゥクトゥク)

紙に書いて50ルピーと交渉しましたが、降りるときに「100ルピー」と言われました(´ρ`)

しかし事前に紙に書いていたため、それを見せながらかたくなに断りました。

インドではこういったことがしょっちゅうありました。
でも、これを楽しんでいる自分がいたのも事実(*‘∀‘)笑

タクシーに乗るときも何回か乗っていたら、㌔いくらというのがわかってきます。

それをもとに交渉していました。

ぼったくりにあわないようにするためには

私は幸いにもめちゃくちゃぼったくられた!という記憶はありませんが
(気づいていないだけかもしれませんが)

タクシーやレストランで法外な料金を請求されたという話は、よく聞きます。

ぼったくりにあうと、悲しみと同時に悔しさも湧いてきます。
ではぼったくりにあわないようにはどうすればよいのでしょうか。

相場を知る

これは本当に大事です!

相場を知らないとぼったくられること間違いないです。

日本人はお金があると思われているのでなおさらです。

日本ならある程度物価を把握していますが、当たり前ですが海外は日本と物価が違います。

相場がわからないまま言い値で合意してしまうと、損してしまっていることも…

いくつかお店を見て、相場を知ることが大事です。

相場を知ることで交渉もできるようになりますし、あとで後悔することも減ります。

アジア圏だと日本より安いことが多いため、自分は納得するのであれば問題ないですが
相場を知っておいて損はないです。

値段がわからないまま店で注文しない

メニューに値段が書いてあるお店なら安心ですが、メニューだけ書いて値段が書いていない店は、食べたあとにいくらでも言い値を言われます。

書いていないところは(屋台でも)先に値段を聞きましょう。

食べたあとに値段を言われては遅いです。
もう食べてしまったので後戻りできません。

私はいまだにスリランカの紅茶の一件を思い出すことがあります…。

タクシーはアプリを利用

今はUberやGrabといった配車アプリがあります。
行先を選択したら、何分でドライバーが到着して行先までの値段がいくらかがわかります。

値段の交渉をいちいちしなくてもタクシーに乗ることができるため、非常に便利なアプリです。

私自身は使ったことがないのですが(そもそもそんなにタクシーを使わない)使った方の感想は

・遠回りされなくなった
・値段が明確
・行先を伝えなくてもいいので楽

といった声があります。

日本ではメーターが当たり前ですが、海外では交渉して値段を決めることが多々。
(私はこの交渉も旅の醍醐味の一つと思っています)

しかし、土地勘がない旅行者からすると遠回りされたり値段を多めに言われたり…ということも。

配車アプリではそういったことを防ぐことができます。

もし配車アプリを使用しない場合は、乗る前に必ず値段交渉をしましょう。
※値段交渉するときは、ある程度の値段を把握しておきましょう!

楽しい旅にするために

ぼったくりは少額であれば笑い話になりますが、大きな金額だとショックが大きいです。

楽しむはずの旅が悲しみの旅になってしまいます…。

ぼったくりは許されることではありません。
しかし、多くの方がぼったくりにあってしまうのも事実…。

情報や対策は必要です。

そうならないためにも、現地の情報も集めつつ、紹介した方法も参考にして楽しい思い出になる旅にしてください♪

スポンサーリンク
旅・語学
スポンサーリンク
goyaをフォローする
ごーやの日々
タイトルとURLをコピーしました